中台首脳、分断後初会談で話し合われたこと

習近平主席は台湾の独立をけん制

 11月7日、中国の習近平国家主席(写真右)と台湾の馬英九総統は、シンガポールで会談した。1949年に中台が分断して以来、首脳同士の会談は初めて(2015年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 7日 ロイター] - 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統は7日、シンガポールで会談した。1949年に中台が分断して以来、首脳同士の会談は初めて。

習主席は会談で、台湾の独立勢力による分裂活動に反対すると述べ、台湾の独立をけん制した。

一方、馬総統は双方の制度を相互に尊重するよう呼び掛け、台湾対岸でのミサイル配備に懸念を示した。

会談は1時間足らずで終わったが、両首脳は大勢の報道陣を前に、笑顔で歴史的な握手を交わした。

 

習主席は会談の冒頭、両岸の中国人は問題を解決する能力と見識があると挨拶、中台の中国人は兄弟であり、一つの家族であると強調した。

馬総統はこれに対し、両岸の平和を推進する決意であり、中台関係は誠実、見識、忍耐に基づくものでなければならないと応じた。

 

米国務省は会談について、中台関係の「歴史的改善」の一部との認識を示した上で、「関係構築と緊張緩和、安定の促進」に一層取り組むよう要請した。

一方、来年1月の台湾総統選に出馬する最大野党、民主進歩党(民進党)の蔡英文主席は、馬総統が台湾の自由と民主主義に直接言及しなかったことに失望したとのコメントを発表した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。