東芝が旧経営陣5人を提訴、計3億円の損害賠償請求 

東京地裁に提訴、合計で3億円

 11月7日、東芝は歴代3社長と2人のCFOに対する計3億円の損害賠償請求訴訟を提起。写真は都内にある東芝本社ビルのロゴ、6日撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 7日 ロイター] - 東芝<6502.T>は7日、不正会計問題に関与した歴代3社長を含む旧経営陣5人に対し、合せて3億円の損害賠償を求める訴訟を同日付で東京地裁に起こしたと発表した。また、不正会計に関与した幹部従業員ら26人に対しても9日付で懲戒処分を実施する。

旧経営陣の提訴は、損害賠償責任を調査してきた外部委員会「役員責任調査委員会(大内捷司委員長)」が同日付で提出した報告書を受けた措置。同委員会は、西田厚聡氏、佐々木則夫氏、田中久雄氏ら歴代3社長に加え、村岡富美雄氏、久保誠氏ら2人の元最高財務責任者(CFO)の計5人に損害賠償を求めるべきと提言した。報告書は9日に公表する。

外部委員会が調査の対象にした経営陣は98人。元副社長を含めて、不正会計に関与した経営幹部ら14人を重点的に検討した結果、元社長と元CFOの5人の損害賠償を求めることが妥当と結論づけた。

村岡氏は常任顧問を務めていたが6日付で解職となった。同社は旧経営陣5人の提訴により役員らの責任追及に一定のめどが立ったと判断、不正に関与した従業員の処分にも踏み切る。

*タイトルの体裁を整えて再送します。

(村井令二 編集:北松克朗)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。