北京モーターショーでも鼻息荒い独フォルクスワーゲン、中国で快走する理由

北京モーターショーでも鼻息荒い独フォルクスワーゲン、中国で快走する理由

4月23日、北京市中心部にある通称、ウォーターキューブ(中国名:水立方)。2008年北京オリンピックの競泳会場となった、その施設を借り切り、独フォルクスワーゲン(VW)が北京国際自動車ショー(北京モーターショー)の前夜祭、グループナイトを開いた。

日本でもおなじみの「VW」のほか、高級車「アウディ」、チェコの小型車「シュコダ」。高級車では「ポルシェ」「ベントレー」「ランボルギーニ」もVWグループだ。4月からは輸入車として「セアト」(スペイン)の中国市場導入も始めた。水を使った演出の中、新型車が次々と登場する。



■グループナイトが開かれたウォーターキューブ。「オリンピックでたくさんの金メダルが生まれたように、VWも中国でたくさんの金メダルをとりたい」(VWのクリスチャン・クリンガー販売担当取締役)



■グループナイトで発表されたランボルギーニのSUV(スポーツ多目的車)コンセプト「URUS」


 昨年、世界の販売台数が816万台と米ゼネラル・モーターズ(GM)に次ぐ2位に躍進したVW。その牽引役が中国市場だ。昨年は226万台を販売、乗用車のシェアは約18%に達する。12年1~3月期も中国の乗用車市場がほぼ横ばいと伸び悩む中、VWは63.3万台と前年同期比で15.6%伸ばした。VW中国のウェイミング・ソウ氏は「3月末の業界全体の在庫日数は2.3カ月に上昇したが、VWグループは1.5カ月以下に抑えられている」と、事業の順調ぶりをアピールする。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。