ジョーンズ ラング ラサール

コーポレート・ガバナンス強化のために注目される、
戦略的な企業不動産(CRE)マネジメントとは。

ジョーンズ ラング ラサール

企業のステークホルダーが、株主価値の向上を注目するようになってきている。自己資本利益率(ROE)や総資産利益率(ROA)などの指標も重視される傾向にある。これらのコーポレート・ガバナンス(企業統治)を強化するためには、企業の資産、中でも不動産の効率化や適正化が重要なテーマになる。だが、その一方で、日本の多くの企業が、CRE(企業不動産)戦略を十分に実行できていないという。企業はこれらの課題解決にどのように取り組むべきなのか。世界最大級の総合不動産サービス会社であるジョーンズ ラング ラサール日本法人の河西利信社長と、ジャーナリストで上場企業の社外取締役や企業の経営アドバイザーも務める福島敦子氏が話し合った。

250年以上の歴史を誇る
世界最大級の総合不動産サービス会社

福島 ジョーンズ ラング ラサール(JLL)は、250年以上の歴史を有する総合不動産サービス会社ですね。日本法人も30年以上の実績があるそうですが、これまでどのようなサービスを提供されてきたのでしょうか。

ジャーナリスト
福島 敦子
Atsuko Fukushima●津田塾大学卒。NHK、TBSで報道番組を担当。テレビ東京の経済番組や、日本経済新聞、週刊誌、経済誌など、これまでに700人を超える経営者を取材。経済・経営をはじめ、環境、コミュニケーション、農業・食などをテーマにした講演やフォーラムでも活躍。上場企業の社外取締役も務める

河西 JLLは日本で言えば江戸時代の中期である1783年にロンドンで創業されました。現在、先進国から発展途上国まで世界80カ国、230拠点に展開し、5万8000人の不動産エキスパートを擁する世界最大級の総合不動産サービス会社です。

日本法人は1985年に設立され、今年が丁度30周年にあたります。現在、東京、大阪、福岡に事業所を設けており、国内の従業員数も700名を超えました。

当社は、グローバルに包括的な不動産サービスを提供していますが、大別すると、事業法人向けサービスと投資家向けサービスに分けることができます。まず、事業法人向けサービスとしては、企業不動産のコンサルティングや建設プロジェクト・開発のマネジメント、ファシリティマネジメントなどを幅広く提供しています。また、投資家向けサービスとしては、不動産の売買や賃貸などの取引支援、投資用不動産の運用管理サービス、ホテル・ホスピタリティー施設の投資アドバイザリーなどを提供しています。

次ページガバナンス強化が求められる中ますますCRE戦略が重要に