医薬品ネット販売規制の控訴審で原告のケンコーコムなどが勝訴、地裁判決覆る

医薬品ネット販売規制の控訴審で原告のケンコーコムなどが勝訴、地裁判決覆る

医薬品ネット販売の大手、ケンコーコムの今後の業績に大きな影響を与えそうな判決が、4月26日に出た。

東京高等裁判所は医薬品ネット販売規制の控訴審について、東京地方裁判所の判断を覆し、原告のケンコーコムなどが、一定の副作用リスクがある第2類以上の一般用医薬品についても、ネットで販売する権利を認める判決を下した。

同裁判は2009年、改正薬事法に伴う厚生労働省令により、副作用がほとんどない第3類を除いた一般用医薬品のネット販売が禁止されたことを受け、ネット通販事業者のケンコーコムとウェルネット(未上場)が国を相手取って起こしていた。

省令公布後のパブリックコメントには、主婦や高齢者を中心に反対意見が殺到。他方、日本薬剤師会などは「副作用の危険性をはらむ医薬品は、対面販売を原則とすべき」と主張し、裁判開始以前から議論が過熱していた。

10年3月の判決で、東京地裁は「店頭とネットには情報提供において優位な差がある」として原告の訴えを棄却した。しかし、今回の26日の控訴審判決では、現行の省令について、「新薬事法の委任の範囲外の規制を定めるものであって違法であり、インターネット販売について過大な規制を定めるもの」として、省令の無効を前提に原告らの主張する権利を認めた。

後藤玄利・ケンコーコム社長は、判決直後の会見で「当然の結果であると認識しているが、判決を聞いてほっとしている」と胸の内を語った(写真)。

昨年7月には本規制について、「(厚労省は)当面の合理的な規制のあり方について今年度(11年度)より検討を進め、早急に結論を得る」との閣議決定がなされている。しかし、現在に至るまで厚労省の具体的な動きはなく、「一刻も早く動き出してほしい」と後藤社長は訴える。

医薬品ネット販売業界2社が求める早期の規制緩和は実現するのか。上告するかどうかも含めて、今後の厚労省の動きがカギになりそうだ。

(長瀧 菜摘 =東洋経済オンライン)

◆ケンコーコムの業績予想、会社概要はこちら

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。