新iMacの画面が、仕事の効率を上げるワケ

iMac Retinaモデルは何がスゴイのか

「iMac」の新モデルはどう変わったのか?
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

アップルは2015年10月13日、主力のデスクトップ一体型パソコン「iMac」の新モデルを発売した。これまでどおりのデザインを踏襲し、ディスプレーサイズも21.5インチモデルと27インチモデルを取り揃える構成にも変更がない。

今回のアップデートの目玉は、ディスプレーの品質向上だ。ノートパソコン主体でコンピュータを利用してきたユーザーにとっても、デスクトップ回帰を促すほどの変化をもたらしてくれる1台だと言える。

変わらぬデザイン、変わった入力デバイス

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

iMacは1998年に登場し、現在までその名前とコンセプトを引き継ぐ、代表的なデスクトップパソコンとなった。

アルミニウムとガラスで構成された一体型のボディは、最も薄いエッジが5ミリメートルと鋭く、過去のブラウン管を彷彿とさせる緩やかなカーブを描く背面が特徴だ。このデザインは完成されたものとして、内部が変化してもそのまま踏襲される「変わらぬデザイン」となっている。

今回変更されたのは、キーボード、マウス、トラックパッドの入力デバイス群だ。いずれも、バッテリー内蔵型となったため、電池交換の手間がなくなった。また充電はiPhoneやiPadと同じLightningコネクタで行い、新たにデバイスを購入した際のペアリングにも利用できる。

次ページ特に大きく進化したのは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。