海外展開では、現地に合わせたコストを実現する--カルビー会長兼CEO 松本晃

海外展開では、現地に合わせたコストを実現する--カルビー会長兼CEO 松本晃

2008年3月期、カルビーの営業利益率はわずか1.4%。国内のスナック菓子で4割超のシェアを持ちながら、なぜこれほど利益率が低いのか。世界に目を向ければ、食品業界は利益率が高い産業で、営業利益率10%を超える企業も多い。日本だけは不思議な国で、販売単価は高いのに、食品メーカーは全然儲かっていない。

私はまず、コストリダクションを社員に理解させることから始めた。カルビーの社員はすなおで理解は進んできた。ただ、納得して行動するにはまだ時間を要する。

今後の海外展開において、特に大事なのは3つ。まずはコスト。現地の顧客が買ってくれる価格を知り、そこから利益を引いたコストで製造するという考え方が不可欠。作ったものに利益を上乗せして売ろうと思っても、売れるわけがない。食の安全・安心や味は絶対に犠牲にできないが、パッケージなどでは妥協もしていく。

2番目は提携するパートナー。世界中に単独で出掛けていき、すぐに成功する力はカルビーにはまだない。カルビーの強みは、商品開発力と製造技術。パートナーには、現地の小売りの棚を確保する販売力、売れ筋商品とその価格を見定めるマーケティング力を求めたい。M&Aも視野に入れてはいるが、魅力ある会社は総じて高い。買収後の経営に失敗し、巨額ののれんの減損を迫られるというシナリオは避けたい。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。