オールブラックス、W杯で最多3回目の優勝

オーストラリアを34-17で下す

 10月31日、ラグビーのW杯イングランド大会決勝、「オールブラックス」ことニュージーランドがオーストラリアを34─17で下し、W杯史上初の2連覇を達成。同大会最多3回目の優勝を果たした(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 31日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は31日、決勝を行い、「オールブラックス」ことニュージーランドがオーストラリアを34─17で下し、W杯史上初の2連覇を達成。同大会最多3回目の優勝を果たした。

ニュージーランドは後半の序盤に21─3とリード。一時は4点差に迫られたが、ダン・カーターのペナルティーゴールなどで突き放した。

ニュージーランドは前回大会で優勝して以来、54試合でわずか3敗。W杯では2007年大会の準々決勝でフランスに敗れて以来、勝ち続けている。

マンオブザマッチに選ばれたカーターは「チームをとても誇りに思う。W杯連覇は夢のよう」と語った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。