オールブラックス、W杯で最多3回目の優勝

オーストラリアを34-17で下す

 10月31日、ラグビーのW杯イングランド大会決勝、「オールブラックス」ことニュージーランドがオーストラリアを34─17で下し、W杯史上初の2連覇を達成。同大会最多3回目の優勝を果たした(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 31日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は31日、決勝を行い、「オールブラックス」ことニュージーランドがオーストラリアを34─17で下し、W杯史上初の2連覇を達成。同大会最多3回目の優勝を果たした。

ニュージーランドは後半の序盤に21─3とリード。一時は4点差に迫られたが、ダン・カーターのペナルティーゴールなどで突き放した。

ニュージーランドは前回大会で優勝して以来、54試合でわずか3敗。W杯では2007年大会の準々決勝でフランスに敗れて以来、勝ち続けている。

マンオブザマッチに選ばれたカーターは「チームをとても誇りに思う。W杯連覇は夢のよう」と語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。