日本板硝子のトップ交代はサプライズなし、“日本流”の順当な跡目相続

日本板硝子のトップ交代はサプライズなし、“日本流”の順当な跡目相続

「4月上旬に本人から辞任の申し出があったので、解任ではありません」

建築用と自動車用で世界最大手級のグローバル企業、日本板硝子が4月18日に開いた社長交代の緊急会見。その場に、渦中の人であるクレイグ・ネイラー前社長兼CEOの姿はなかった。

日本板硝子は、2006年に年商規模で約2倍の“格上”英ピルキントンを総額6000億円超で買収、完全子会社化したことで知られる。中国や南米など世界約30カ国に幅広く展開するグローバル企業へと大躍進を遂げた。と同時に、会計や経営統治の手法をグローバル基準に準拠する国際経営にシフトさせた。
 
 あれから6年が経過。同社は、外国人幹部が手腕を発揮しやすい国際センス溢れるトップマネジメントを、最高幹部が集まる東京・三田の本社に注入したと考えられてきた。

ネイラー氏辞任の真相はやぶの中

ところが、就任2年を待たずしての外国人トップの突然の辞任会見。本人の肉声は聞かれず、理由を代読したのは、ネイラー氏の前の社長兼CEOで、日本板硝子ひと筋44年の藤本勝司会長(写真左)だった。この会見風景が、辞任劇が、トップマネジメントの異常によって、引き起こされたことを示してくれる。

藤本会長は、交代がネイラー氏の突然の辞任申し出で、同日の臨時取締役で決定したことを表明した。そして、その経緯を藤本氏自らの言葉で語ろうとはせずに、ネイラー氏が託したとするコメントで、切り抜けようとした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。