医師が教える幸福な死に方 川嶋 朗著

医師が教える幸福な死に方 川嶋 朗著

世間では「長寿」「アンチエイジング」がブームとなり、健康情報があふれ、健康グッズや健康本、サプリメントなど健康関連ビジネスが盛り上がっている。その一方で、急速な高齢化は医療費の増加や介護といった社会問題をより深刻化させている。こうした風潮に対し、医師である著者は「何のための長生きか」という視点が抜けているのではないかと疑問を呈する。

末期がん患者を多く診療してきた著者が、無病、または病気になったとしても日常生活で介護を必要とせず自立した生活を送れる「健康寿命」と「QOD(クオリティ・オブ・デス=死の質)」をキーワードに、幸せに生き、死んでいくために必要な人生についての向き合い方を指南する。

角川SSC新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。