トヨタの小型モビリティは公共交通になるか

2020年に向けた「i-ROAD」普及計画の全貌

10月から名前を替えてスタートした「タイムズカープラス×Ha:mo」。ステーション数は国内に12カ所

2014年、世界初の燃料電池市販車ミライを発売したトヨタ自動車が、2015年10月に自動運転技術を報道陣へ公開。東京の首都高速道路で披露された技術は、日産自動車など他社に遜色ないレベルにあり、トヨタはこの分野に消極的であるという従来の噂を払拭した。

こうした技術革新は、今後のメーカー間競争を優位に進めていくという目的もあるだろう。しかし、もう一つの理由があることを忘れてはいけない。トヨタは2015年3月、国際オリンピック委員会(IOC)との間で、10年間のTOP(ジ・オリンピック・パートナー)、つまり最高レベルのグローバルスポンサーシッププログラム契約を結んでいるのだ。これにはもちろん、2020年の東京五輪も含まれる。

トヨタはモビリティ事業を次々展開

3月に公開したトヨタの発表資料によれば、契約対象は車両(乗用車、小型モビリティ、商用車等)およびインフラ(ITS、テレマティクスサービス等)とあり、小型モビリティが乗用車と別枠で明記してある。国土交通省では「超小型モビリティ」と名付け、2013年から認定制度を実施しているカテゴリーを、積極的に普及させていこうという意気込みが文面から伺えた。

トヨタは2013年のジュネーブ・モーターショーで、超小型モビリティ「i-ROAD」を発表している。2345㎜の全長、全幅870㎜の全幅ともに、クラウンの2分の1以下という小さなボディを持つ、1〜2人乗りの3輪電気自動車だ。この車両を活用することが予想できるような発表だった。案の定、同社は2015年4月以降、東京で新しいモビリティサービスを次々に展開しはじめている。

次ページ車庫証明なくワンウェイ方式で
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。