カルビーが康師傅、伊藤忠商事と中国で合弁子会社設立、康師傅の販売網活用へ

カルビーが康師傅、伊藤忠商事と中国で合弁子会社設立、康師傅の販売網活用へ

カルビーが、台湾・頂新グループの中国食品大手・康師傅控股(カンシーフコングー)有限公司の傘下企業・康師傅方便食品投資有限公司(以下「康師傅投資」)、伊藤忠商事とともに、中国で合弁会社を設立すると発表した。設立は2012年7月を予定し、出資比率はカルビー51%、康師傅方便食品投資45%、伊藤忠商事4%となる。合弁新会社の董事長はカルビーの松本晃・会長兼CEOが務める。

松本会長は、パートナー選びや出資比率の問題などで、今回の提携まで約2年を要したことを明かし、「紆余曲折もあったが、やっと本日に至った。中国は将来、世界最大の市場になると思っているので、心して頑張っていきたい」と意気込みを語った。

国内スナック菓子市場ですでに約50%のシェアを持つカルビーは、さらなる成長に向けて、海外展開を重要な戦略と位置づけている。現在約4%の海外売上高比率を早期に30%まで高めることを目指す。中国と北米を重点地域とし、09年から海外展開への準備を進めていた。今回の合弁会社設立は中国進出の足掛かりとなる。今後、中国国内に別会社を3社設立して拡大する。

康師傅グループと組むのは、同社が中国国内で強力な販売網を確立しているためだ。中国では依然として地域に密着した小規模な菓子販売店が多く、日本企業が独自に販路を開拓するには時間を要する。カルビーは康師傅グループの物流・販売網を利用し、商品の拡販につなげる。

また、中国の消費者のニーズに即した新商品の共同開発も行う。康師傅控股有限公司の魏應州董事長は会見で「カルビーのオリジナル商品の力を借り、中国の消費者の嗜好に合わせていくような、協力的な商品開発が今後は必要になる」と述べた。康師傅グループはアサヒビール、サンヨー食品、亀田製菓などの日本企業と提携しており、すでに日本製品の扱い方についてはノウハウの蓄積がある。

康師傅グループと提携関係にあり、カルビーとの”仲人役”を務めた伊藤忠商事は、「調整役としての機能を発揮する」(青木芳久・代表取締役専務執行役員)。また、ポテトチップスの原料・ジャガイモの調達体制の確立においても力を発揮する考えだ。

中国のスナック市場規模は約1500億円。今後も「毎年15~20%成長するのではないか」(カルビーの松本晃会長)。12年12月の事業開始後、5年以内に中国のスナック菓子市場シェア10%の獲得を目指す。

今13年3月期の業績への影響は軽微と見られる。東洋経済では、5月上旬に予定されている本決算発表を踏まえ、今後の業績を精査する。

(平松 さわみ =東洋経済オンライン)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売上高  営業利益 経常利益  純利益
連本2011.03  155,529 10,717 10,570 4,253
連本2012.03予 160,000 11,000 10,600 6,000
連本2013.03予 165,000 12,500 12,100 7,100
連中2011.09  75,985 3,893 3,499 1,772
連中2012.09予 79,500 4,800 4,400 2,300
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2011.03  146.5 28 
連本2012.03予 185.0 32 
連本2013.03予 219.0 32-36 
連中2011.09  55.3 0 
連中2012.09予 70.9 0 
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。