オバマ大統領が「不機嫌な猫」を真似たワケ

共和党を茶化す

 10月23日、オバマ米大統領が共和党議員の悲観的な態度を示そうと、ネット上で話題を集めた猫「グランピー・キャット」の顔真似をして会場の笑いを誘った(2015年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[ワシントン 23日 ロイター] - オバマ米大統領は23日、ワシントンで開催された民主党のフォーラムに出席し、共和党議員の悲観的な態度を示そうと、不機嫌そうに見える表情でインターネット上で話題を集めた猫「グランピー・キャット」の顔真似をして会場の笑いを誘った。

こちらがグランピー・キャット(関連記事はこちら

大統領は民主党全国委員会の女性リーダーシップフォーラムで、「なぜ共和党議員はこれほど米国に悲観的なのだろうか」とコメント。「まるで『グランピー・キャット』のようだ」と述べ、顔真似をしてみせた。

「彼ら(共和党議員)によれば、2008年にはすべてが素晴らしかった。(しかし)当時は失業率が急上昇し、保険の未加入率も高まり、家や職や失う人も多くいた。2つの戦争にも参加し、(アルカイダの指導者だった)ウサマ・ビンラディン容疑者もまだ逃亡中だった」と語った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。