キリン“三宅王国”完成、求められる経営の成果

キリン“三宅王国”完成、求められる経営の成果

散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ──。

明智光秀の娘にして禁断のキリシタンだった細川ガラシャが、関ヶ原の戦いで自決する際に詠んだ辞世の句。「散り時を心得てこそ、花は花の、人は人の価値がある」という意味だ。歴史好きで知られるキリンビールの松沢幸一前社長(63)は、自身の退任の気持ちを細川ガラシャの句と静かに重ねた。

新体制のキリングループが4月に船出した。キリンホールディングス(HD)の三宅占二社長(64)の下、主要事業会社のキリンビール社長にはHD常務だった磯崎功典氏(58)、キリンビバレッジ社長にはビバレッジ副社長から昇格した首藤由憲氏(59)が就任した(図)。


関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。