クロスピア2015秋

次の時代に─
「Go Global」

城西大学・城西短期大学

水田三喜男記念館、新薬学部棟などキャンパスの整備が進行

2015年度、創立50周年を迎えた城西大学。世界のリーディング・ユニバーシティをめざすための中期目標として「豊かな人間性の涵養と社会に有為な人材育成」「国際性、専門性を備え、日本文化を身につけたグローバル人材の育成」「教育力の持続的向上と地域・世界と直結した連携教育の強化」「研究力強化とイノベーションの推進」「キャンパス環境の充実とグローバル化・ネットワーク化」「教育、研究、社会貢献のダイナミックな展開を支える経営基盤の確立」「発信力強化と社会的存在価値のさらなる向上」の7つのJ-Visionを掲げ、様々な取り組みが進行しています。

その中のキャンパス整備では、50周年記念事業として、創立者の名前を冠した「水田三喜男記念館」を新設。学生と地域の人々が共有するファウンダーズルームエリア、国内外からVIPを迎えるゲストエリア、レセプションや企画展示、ワークショップなど多様な活動を行うための多目的ラウンジスペースなどで構成され、国際教育や地域連携の拠点として、世界へ発信していきます。

同じく50周年記念事業として9階建の「新薬学部棟」も新設され、最先端設備を備えた講義室、実習室、研究室などが設置されます。また、「新薬学部棟」が完成した後の6号館跡には、理学部・薬学部が入るサイエンスビルが建ち、ここには機器分析センター、講義室、研究室、学生たちが集うカフェテリアやラウンジが設置される予定です。

グローバル人材を育成する多彩なプログラム

「Go Global」と題してグローバル人材を育成するプログラムも充実しています。

たとえば「World Language Program」。城西大学では、多言語能力を高めるために、母国語と英語に加えて、さらにもう1カ国語をマスターする「3言語教育」をめざしています。そのため、学べる言語は世界の11カ国語にのぼります。ハンガリー、ポーランド、中国、韓国からの交換留学生をはじめ、毎年数多くの外国人留学生が入学していることから、キャンパスのいたるところで、授業で学んだ第二外国語や英語を話す姿が見られます。

「Josai Education Abroad Program」は城西大学独自の海外留学プログラム。提携校は世界27カ国150校を超えており、長期留学・短期留学・交換留学など、多くの学生が海外留学体験を積んでいます。ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで長期インターンシップを体験できる海外インターンシップも用意されています。また、城西大学卒業生のために「JEAP卒業生のための研修特別プログラム留学」が設けられており、卒業生が姉妹校に留学できる環境も整えられています。

城西大学では、一人ひとりのレベルと目標に応じて、基礎から上級まで充実した英語教育プログラムを設けていますが、上級者向けのユニークなプログラムが「Global College Program」。「Languages」「Liberal Arts」「Social Sciences」「Natural Sciences」の4分野があり、すべての授業を英語で受講します。語学力向上だけでなく、国際的な視点を学ぶことができます。

さらに、2014年1月には、坂戸キャンパスからほど近い場所に「International House」もオープンしました。この学生寮は、海外からの留学生だけでなく、日本人学生も共に暮らし、その生活の中からお互いに異文化理解や友好親善を深めていきます。

またグローバル教育の新しいアプローチとして、2016年度より現代政策学部に「国際文化政策コース」が誕生します。グローバルな視点から様々な文化に対応できる人材の養成をめざします。本コースは(1)英語での授業を重視、(2)グローバルな女性リーダーの育成をめざす、(3)海外研修や留学を通した実体験重視を特色としています。そのため多彩な海外経験のプログラムを用意しています。

城西大学・城西短期大学
経済学部 経済学科/現代政策学部 社会経済システム学科/経営学部 マネジメント総合学科/理学部 数学科、化学科/薬学部 薬学科(6年制)、薬科学科(4年制)、医療栄養学科(4年制)/城西短期大学 ビジネス総合学科