クロスピア2015秋

12月23日(祝)、全国19会場で給費生試験
最大720万円、返還不要の奨学金を給付

神奈川大学

「給費生合格」と「一般入試免除」
2種類の合格がある

「給費生制度」は80年以上の伝統を誇る神奈川大学独自の奨学金制度。単に経済支援のためだけではなく、全国から向学心あふれる人材を募り、その才能の育成を目的としている。毎年12月23日、全国19会場で実施される「給費生試験」の結果、給費生として入学すると、入学金・委託徴収金を除く初年度納入金が免除となるほか、文系学部は年額100万円・理工系学部は年額120万円、自宅外通学者にはさらに年額60万円が原則として4年間給付される。これらの奨学金は返還不要で、卒業後の進路拘束も一切ない。給費生として採用されなくても、試験の成績優良者は2月の一般入試を免除して入学が許可される。現役・既卒を問わず受験でき、ほかの試験とも併願が可能となっている。

一般入試は試験日自由選択制を採用。前期(2月4・6・7・8日)と後期(3月5日)の計5日間、どの日程でも希望学科を受験できる。2月4日の地区試験は全国19会場で実施。また、「センター試験利用入試」は前期(全学科)・後期(学科限定)で行う。一般入試(前期)、センター試験利用入試(前期・後期)の各入試方式内で入学検定料の併願割引を実施している。

神奈川大学
法学部 法律学科、自治行政学科/経済学部 経済学科、現代ビジネス学科/経営学部 国際経営学科/外国語学部 英語英文学科、スペイン語学科、中国語学科、国際文化交流学科/人間科学部 人間科学科/理学部 総合理学プログラム、数理・物理学科、情報科学科、化学科、生物科学科/工学部 総合工学プログラム、機械工学科、電気電子情報工学科、物質生命化学科、情報システム創成学科、経営工学科、建築学科