"夜食テロ"を生む「孤独のグルメ」のこだわり

じわじわ人気化し、シーズン5に突入

株式会社共同テレビジョン プロデューサーの吉見健士さん
松重豊氏扮する雑貨商の井之頭五郎が、仕事で訪れたさまざまな街で一人もくもくと食事をする――そんな風景が淡々と描かれるドラマ『孤独のグルメ』。久住昌之氏原作、谷口ジロー氏画の、同名の漫画をドラマ化したものだ。
2012年1月に第1回が放映されるやいなや、深夜にもかかわらず「五郎さんの食べっぷりが素晴らしい」「旨そうなものばかりで深夜に見るのは酷すぎる!」などとネットで話題になり、「夜食テロ」と言われるまでに。その後シリーズ化され、この10月2日(金)からはSeason5が始まった。
同番組のプロデューサー吉見健士さんに『孤独のグルメ』が支持され続けている理由を聞いた。

10年間「ドラマ化したい」と訴え続ける

本記事はリクナビNEXTジャーナル(運営:リクルートキャリア)の提供記事です
 

吉見さんは、出版社勤務からTV局の広報に転じ、その後プロデューサーになったという異色の経歴の持ち主。しかも、プロデューサーとしての専門分野はバラエティー。ドラマを手掛けたのは、この『孤独のグルメ』が初めてだった。

「原作者の久住昌之さんの大ファンで、もちろん『孤独のグルメ』も大好き。五郎さんが知らない街で、その時の気分に合った飲食店を自分の勘を頼りに探し出して、門構えに少し躊躇しつつも飛び込んでみる。そして迷いに迷って注文し、もくもくと、しかしおいしそうに食べる……。言ってみれば“ただ食べるだけ”の漫画なのですが、この世界観がたまらない。この世界を映像作品にしたいと、10年ほど前から言い続けてきたんです」

次ページドラマ化を訴え続けてきた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。