(第42回)公的主体の介入は産業改革を阻害する

(第42回)公的主体の介入は産業改革を阻害する

前回、雇用調整助成金の申請数が人口に対して比較的高い地域は、製造業の比率が高い地域と重なっていることを見た。つまり、この助成金は、すべての産業を均等に補助するものではなく、主として製造業の雇用減少に対処するためのものである。

しかも、前向きの施策ではなく、企業が過剰雇用を抱えることを可能とするものだ。このため、産業構造の転換を妨げる結果となっている。このことを、データで確かめておこう。

図は、2007年から10年にかけての製造業の出荷額の減少率が15%を超える県を赤で示したものだ。この図においても、これまで示した図と同様、愛知・静岡から中部日本を経て北陸に至り、そこから東北の一部に至る地域が赤で浮かび上がる。自動車産業とそのサプライチェーンが経済危機によって打撃を受けた地域だ(ただし、この図においては、東京、奈良、京都、鳥取、島根、高知など、これまでの図では赤にならなかった都府県も赤になっている)。

減少率は全国平均で14・1%だが、中部地方には、愛知19・5%、静岡18・6%、長野19・8%など、20%近い比率となる県が並ぶ。経済危機が自動車産業を直撃した様がよく分かる。

ところが、県別の失業率を見ると、これらの地域の失業率は、かなり低い。労働力調査の参考資料、都道府県別就業者(モデル推計値)によると、10年における失業率は、愛知4・3%、静岡4・0%、長野4・0%などとなっており、全国平均の5・1%よりかなり低くなっている。

出荷額の減少率が全国平均を上回れば、雇用の調整は全国平均より厳しく行われて当然である。それにもかかわらず失業率が全国平均より低いのは、雇用調整助成金が過剰雇用を支えているからだ。


関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。