アンテナショップが続々、菓子メーカーの新戦略

菓子大手のカルビー、江崎グリコ、森永製菓が4月、東京駅と台場にそれぞれアンテナショップを出店する。

目玉は出来たて菓子の販売だ。カルビーは東京駅と台場の両方に調理コーナーを設けており、揚げたてのポテトチップスなどが食べられる。グリコは東京駅、森永は台場で調理販売をする。

調理コーナーを設けたアンテナショップの先鞭をつけたのがカルビーだ。昨年末に原宿に出店し、若者や観光客を中心に話題を呼んでいる。多いときは1日2000人が来店し、店の外まで行列ができる。店舗数の拡大にも意欲的で今後、全国の主要都市に十数店出す計画を立てている。

菓子メーカーがアンテナショップを相次いで出店するのは、他社との差別化を図る狙いがある。菓子市場は消費者の好みが多様化し、大ヒット商品が生まれにくくなっている。コンビニやスーパーなど小売り各社が自社で企画した低価格ブランドの売り場を拡大し、価格競争も激しい。

さらに“外敵”も台頭してきた。「マーケットオー」ブランドでブラウニーなどを販売している韓国のオリオンだ。昨年3月に首都圏のセブン−イレブンでテスト販売されてから人気に火がつき、現在は大手コンビニチェーンが全国で販売している。当初は日本での知名度が低く「とにかく食べてもらわないと始まらない。イベントなどでの試食を地道に繰り返した」(オリオン日本支社・営業・マーケティング部の吉岡健一部長)という。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。