クロスピア2015秋

都心と郊外の2校地教育により
学部の特性に応じた教育を展開

実践女子大学・実践女子大学短期大学部

都市文化の渋谷キャンパス
地域連携の日野キャンパス

2014年、実践女子大学は、渋谷キャンパスに文学部と人間社会学部の全学年を移転させ、日野キャンパスに生活科学部を残す形で、日野と渋谷の2校地教育をスタートさせました。文化の発信地かつ情報集積地に立地する渋谷キャンパスでは、人文社会学系の教育研究を展開しつつ、女性の生涯教育拠点としての役割をも担います。一方、日野キャンパスは緑豊かな自然環境と、地域との幅広い交流が魅力で、生活に根ざした活動を地域と連携して行ないます。

いずれのキャンパスも、現代ニーズに応える教育に力を入れています。

渋谷キャンパスでは、都心の環境を生かし、ビジネスに関わる教育活動が充実。たとえば、企業から出される課題に、学生がチームで挑み、ソリューションを企業にプレゼンテーションする「実践プロジェクト」の授業では、一線で活躍する社会人に接する機会も多く、ビジネスの実像に触れることができます。

日野キャンパスでは、市民生活に密着した衣食住・子ども・健康といった学問分野の特色を生かし、学生が日野市子どもまつりのスタッフとして運営に参加したり、小中学校や地元農家と連携して食育活動を展開したりしています。このほか、高齢者の健康増進とコミュニティの活性化のためのイベント、百貨店と連携したメニュー作りなど、多彩な地域連携・地域貢献を行なっています。ほかにも各種の産学連携プロジェクトがあり、実践的な教育を展開しています。

実践女子大学
実践女子大学短期大学部

文学部 国文学科、英文学科、美学美術史学科/人間社会学部 人間社会学科、現代社会学科/短期大学部 日本語コミュニケーション学科、英語コミュニケーション学科/生活科学部 食生活科学科、生活環境学科、生活文化学科、現代生活学科