イギリス 矛盾の力 進化し続ける政治経済システム 岐部秀光著 ~“目からウロコ”の現代イギリス論

イギリス 矛盾の力 進化し続ける政治経済システム 岐部秀光著 ~“目からウロコ”の現代イギリス論

評者 塩田 潮 ノンフィクション作家

日本で政権交代が行われた2009年の夏、当時の民主党の菅直人代表代行(後に首相)と小沢一郎幹事長が別々にロンドンに出かけた。後の政権運営に活かすために、議院内閣制の母国で「ウエストミンスター・モデル」と呼ばれる政治・行政システムと運用の実態、選挙制度などを学ぶのが目的だった。

日本経済新聞ロンドン欧州総局の記者だった著者は、両氏が面会した政府要人や政治家を訪ね歩き、会談内容を取材した。

以後の民主党政権の迷走を重ね合わせ、「イギリスびいきの民主党の幹部たちは、ウエストミンスター・モデルのシステムを細部まで研究したが、その運用の知恵を学びそこねた。いったい彼らは何を見落としたのだろう」(序章)と書く。本書執筆の出発点の一つとなった。

今夏のオリンピックの開催都市はロンドンだが、日本と同様に大陸と向き合う大国の島国が今、世界の注目を集めている。

EUに加盟しながら通貨統合を拒否してユーロ危機の直撃を免れ、国債の格付けも最上位をキープする。他方、「二大政党政治のモデル」と言われてきたのに、2年前、65年ぶりに連立政権を誕生させた。さらに昨年夏、説明不能のロンドン暴動が発生し、世界を驚かせた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。