「無在庫経営」が早期の供給再開に役立った--いわき市の工場群が被災したクリナップ、生産本部長が語る震災の教訓

「無在庫経営」が早期の供給再開に役立った--いわき市の工場群が被災したクリナップ、生産本部長が語る震災の教訓

システムキッチンを主力とする住宅設備メーカーのクリナップは、福島県いわき市に関連会社含め8カ所の生産拠点を持ち、昨年の東日本大震災直後には一時、岡山(岡山県勝央町)にある2工場を含め全工場が生産停止に追い込まれる甚大な被害を受けた。

強い揺れによる機械の損傷や床の陥没といった設備の問題に加え、水道ほかの社会的インフラ復旧の遅れ、原発事故直後の混乱など、さまざまな予期せぬ事態を経験。それでも、震災から1カ月後の4月11日には受注を再開し、6月には当初予定からは1カ月遅れながらも主力商品の新製品投入にこぎ着けるなど、短期間でリカバリーを遂げた。

震災直後から生産現場の陣頭指揮を執ってきた佐藤茂・取締役生産本部長に、復旧までの足取りと、そこからの教訓について聞いた。


佐藤茂・取締役生産本部長


--震災発生直後はどういう状況だったか。

3月11日午後、地震が発生したとき、私は東京に出張中だった。テレビ会議で現地の工場長と対策会議を行ったが、被害の全貌は見えない。私の自宅もいわき市の海岸から100メートルくらいのところにあり、家族の安否も気掛かりだったが、翌12日朝5時にようやく無事を確認。その日のうちに本社の車を借りて国道6号線でいわきに向かった。渋滞がひどく水戸まで10時間かかり、いわきに着いたのは13日に入ってからだった。

翌14日月曜日に、現地で対策本部を立ち上げた。被害の状況を調べたところ、工場内ではダクト配管や窓ガラスが落ちたり、一部機械が損傷したりといった被害があったが、工場内のケガ人はゼロ。ただ、客先を訪問中に津波で関係会社社員が1人亡くなり、家族を失った社員は少なくなかった。



湯本工場の天井


 ただ、地震の直接被害よりダメージが大きかったのは原発事故の影響だ。「放射能でいわきが全部やられた」といった風評まで流れ、30万人の市の人口が一時は半分くらいに減った。ガソリンスタンドやスーパー、コンビニなども閉鎖され、水道工事の作業員も寄り付かずに断水状態で、復旧はおろかまともに生活ができない状況だった。

従業員には自宅待機を言い渡したが、部門長には出社を呼びかけ、15~16人で工場内設備の復旧の段取りをしたり、各工場への物資の配布をしたりした。断水は4月上旬ぐらいまで続いたが、3月24~25日ごろには周囲の外食店やコンビニ、スーパーの臨時店舗なども徐々に再開し、原発も落ち着いたことから全社員に出社を呼びかけた。28日ごろからは復旧のスピードが上がり、4月頭には資材関係の調達のメドがついた。結局、津波被害で閉鎖した工場が1カ所あったが、それ以外はすべて、原発問題さえなければ3月中に品物が出せたのではないかと思う。原発事故で丸々2週間程度、遅れた印象だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。