大塚家具、母・千代子氏が裁判で娘を痛烈批判

資産管理会社を巡り、まだ終わらぬお家騒動

大塚家の資産管理会社を舞台に、大塚家具の父娘の対決は裁判沙汰にも発展した(写真は大塚家具本社、撮影:今井康一)

「(娘の久美子社長は)父親を父親として、会長を会長として、扱っていない。自宅でも会社でも同じ。(そうした扱いは)ずっと前からだ」――。

10月19日、東京地方裁判所5階の526号法廷。大塚家具の資産管理会社を巡り、父娘が対決する法廷闘争の場に、大塚久美子社長(47)の母である大塚千代子氏(69)が証人として立った。千代子氏は、夫の大塚勝久前会長(72)をかばう一方で、娘の久美子氏を痛烈に批判。3月の株主総会でも、久美子氏を株主の立場から非難した千代子氏だが、この日も怒りが収まっていない様子が見えた。

今回の争いは、大塚家具創業者の勝久氏が、久美子氏によって実質管理されている一族の資産管理会社「ききょう企画」に対して、大塚家具の株式130万株を譲渡したことから端を発した。その代わりにききょう企画は、勝久氏に対し、15億円の社債(5年期限、年利1.5%)を発行。勝久氏は、社債が期限となった2013年4月になっても償還されないとして、同年10月に提訴に至っていた。

声を張り上げ涙ぐむ千代子氏

証人席に立った千代子氏は、グレーのスーツに眼鏡をかけてやや緊張気味にしながら、夫で原告の勝久氏とともに入廷。傍聴席には久美子氏と妹の大塚舞子氏が並んで座り、千代子氏の答弁に時折、憮然とした表情も見せていた。

原告側の弁護士による主尋問で、千代子氏は、償還の期限延長合意がなかったことを落ち着いて証言していた。が、被告側の反対尋問に移ると、声を張り上げたり、涙ぐむ場面もみられた。ききょう企画の役員についても、2014年1月に長男の勝之氏と自身が突如解任されたことを挙げて、「(久美子氏は)この5年間ずっとひどかった。特に3年前からひどい」と指摘。大塚家具の有明本社に、カメラとマイクが土曜夜に設置されたとして、「主人(勝久氏)の行きそうな場所につけられた」とも話した。

社債償還については、家族で集まる提案を何度もしてきたと主張。「(ききょう企画の社長で娘の)舞子はナイーブなので、けんかしたくなかった。私は言い争わないように、いつもビクビクしていた。とにかくみんなで集まりたかっただけ」とも話したが、尋問とかみ合わない場面も多くみられた。

次ページ「匠大塚」を設立した勝久氏
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。