ひとりで死んでも孤独じゃない 「自立死」先進国アメリカ 矢部武著

ひとりで死んでも孤独じゃない 「自立死」先進国アメリカ 矢部武著

独居者が死後何週間も経ってから発見される「孤独死」。ほとんどの先進国で単身世帯が増加する中、独居者の孤立や孤独死が社会問題化しているのは日本だけだという。これには社会的なつながりが弱いという日本社会特有の事情が関係していると、著者は指摘する。

独居死イコール孤独死ではない。問題は独居者の社会的孤立にある。米国には高齢者専用住宅や配膳サービスNPOなど、独居者の孤立を防ぐさまざまな支援があり、高齢者はこうしたサービスを受けながら最期まで自立生活を楽しむという。日米の事情に詳しいジャーナリストが、米国の事例をひもときながら、自立して生き、死んでいく「自立死」のあり方を考える。

新潮新書 714円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。