外交的思考 北岡伸一著 ~深く考え続けることが大切と説く

外交的思考 北岡伸一著 ~深く考え続けることが大切と説く

評者 中沢孝夫 福井県立大学特任教授

日中の歴史共同研究やPKO、あるいはアフリカ諸国の現状などに関し、雑誌や新聞に連載したエッセイを中心に編んだ本である。語られていることは「外交」や「歴史」あるいは「教養」といったことなのだが、一貫しているのは国連外交の現場での経験や、深い知識から導かれた緻密で厚みのある視点だ。

たとえば著者は歴史を考えるうえでの注意点を次のように語る。「変化はしばしば目に見えない持続的な蓄積として起こるので、必ずしも『事件』ばかりではない。また一つの事件はしばしば二つ以上の意味を持ち、多義的であることにも注意しておきたい」と。たしかにそうなのだ。明治維新、日露戦争、太平洋戦争といった歴史的な大きな転換点を考えてもよい。それは多様な「持続的な蓄積」によって生じており、特定の原因で理解することはできない。

あるいは本書は「戦略」について次のように述べる。「目標あるいは願望の羅列」は戦略とはいえない。「戦略とは限られた資源をいかに効果的に活用するかということ」で、「複数の目標に優先順位を付し、目標実現のための具体的な方策やコストを検討する」ことである、と。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。