パレスチナ人がイスラエル兵士ら12人を殺傷

聖地エルサレムをめぐる対立が激化

 10月18日、イスラエル南部のベルシェバで18日、パレスチナ人の男がバスターミナルで銃を発砲し、イスラエル兵士1人が死亡、11人が負傷した。聖地をめぐり、各地で衝突が起きている(2015年 ロイター/Mohamad Torokman)

[エルサレム 18日 ロイター] - イスラエル南部のベルシェバで18日、パレスチナ人の男がバスターミナルで銃を発砲し、イスラエル兵士1人が死亡、11人が負傷した。警察が明らかにした。

病院によると、2人が重体だという。男はバスターミナルに侵入後、拳銃やライフルを発砲。その後、銃撃戦の末に射殺された。

パレスチナとイスラエルとの衝突はこのところ激化しており、パレスチナ人42人、イスラエル人8人がこれまでに死亡。背景にはエルサレムの聖地をめぐる対立がある。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。