短期間でのシステム開発は、優先順位が重要

お客さんの要望をそのまま聞いてはダメ

ぼへちゃんが任された前途多難なプロジェクトは、その後、どうなったのでしょうか。

まず大切なのは、どのようなシステムを作るか、という「要件定義」。新人さんがお客さんのところへ行って最初のヒアリングをしてきてくれたようです。

要件には、「絶対必要」「必要と思われる」「あったらいいかな」「次のフェーズで」
などの優先順位があります。ところが、新人さんのヒアリング一覧はS(絶対必要)とA(必要)しか見当たらない上、Sが8割を占めています。

「あかんや~ん」って叫んでしまうぼへちゃん。リリースまであんまり日数がないので、ここで、要件を絞り込む、優先順位の高い事にしぼって開発することが重要です。

とはいえ、お客さんにとっては、どれもこれもがなくてはならないものに見えちゃうんですよね。うまい具合に、優先順位を付けるよう導いてあげるのもヒアリングの中での重要なお仕事なのです。

新人さんには、そこをハンドリングするのは難しかったようですね。最初のヒアリングとはいえ、最初からベテランが行くべきだったのかもしれません。

次のミーティングで「絶対必要」「必要と思われる」をどうやったら、「あったらいいかな」「次のフェーズに」にもっていけるでしょうか。開発メンバーは4人しかいません。リリースまで、残された日数も少ないのです。ここからの巻き返しに注目です。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
芸人・アナウンサーに学ぶ<br>最強のコミュ力

お笑い芸人にして芥川賞作家・又吉直樹の「伝わる」文章の極意。ベストセラー「話し方の教科書」をもつアナウンサー・魚住りえの「聞き方」講座。コミュニケーション技術を達人に学ぼう。