スターバックスは皆さんの経験を語り継いでいきます--ハワード・シュルツ会長が東北の地で語る

 

3つ目は人間らしさです。スターバックスは日本でも世界でも既存の方法やマーケティングで成長してきた会社ではありません。成長を支えたのは、皆さんが店舗で生み出しているお客様との心のつながりです。スターバックスへは毎日多くのお客様がつながりを求めて来店します。

 スターバックスを表現する言葉はなかなか見つかりませんが、あえて言えば「人をベースにした会社」「人間らしさのある会社」だということです。われわれがコミュニティに対して貢献しているとき、最も成功していると言えるでしょう。スターバックスのリーダーには愛とはどういう意味か、謙虚さとは何か、人間の崇高さとは何かを理解して前に進んでいくことが必要です。

何より大事にするのは、スターバックスに息づく価値観だ

87年、米スターバックスには100人の従業員と11の店舗しかありませんでした。多くの人は「このコーヒーチェーンを全国規模にするなんて無理だ」と言っていました。また「従業員に健康保険や福利厚生を提供したり、敬意を持って接したりすることは無理だ」という人もたくさんいました。実際にはどうでしょうか。われわれは世界58カ国、1万7000店を展開する会社になりました。

われわれはまだ始まったばかりです。全世界で店舗数は1万8000に近づいています。日本ではせいぜい500店舗でせいぜい頭打ちになるという人もいましたが、ドライブスルーの成功によりもうすぐ1000店舗を達成します。将来何店舗になるかという話はしませんが、エレガントさ、スタイルを持ってコーヒーのクオリティに反することなく出店を続けていきます。

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。