子どもが地元に戻る!板橋サンシティの秘密

すでに100組近くが親世代と「2世帯近居」

二世帯近居とは?

“育ったマンションに戻って親と近居する”まさに二世帯近居という新しい暮らし方がマンション内で生まれている。板橋区にある築35年のマンションを訪ねて、実際に戻ってきた家族とその両親に楽しい暮らしぶりを聞いた。

「都心にふるさとをつくる」というコンセプト

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

今回取材したのは、板橋区の高台に建つ「サンシティ」に住むYさんファミリー。

サンシティは1棟目の竣工から数えて35年が経過し、低層棟からタワー棟を含み合計14棟で構成され約1900世帯が暮らす。大規模タワーマンションの草分けといってよいだろう。

マンションのなかには、水が流れる滝の広場、テニスコート、子ども用屋外プールなどがあるが、圧倒的な面積を占めているのは敷地の真ん中にある「緑の森」である。

サンシティの真ん中にある森の入り口にある滝の広場。夏には子どもたちが水遊びで楽しむ様子も見られる。森の中に入るとBBQ広場、タケノコ堀 りができる竹林、木登りができるトトロの木、シイタケ栽培コーナーなど自然に親しめる仕掛けがいっぱいある(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

「都心にふるさとをつくる」というコンセプトのもと設計されており、自然の起伏を活かし分譲当初に植栽されたというが、今や緑陰のごとし。大きく広げた枝葉が青空を覆い隠すほど成長し、都会のオアシスとなっている。

この緑の並木に導かれるように、Yさん(39歳)の住むタワー棟に到着した。

次ページYさんがここに戻ってきた理由
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。