オバマ大統領、任期中のアフガン撤退断念 

2017年以降も5500人駐留

 10月15日、オバマ米大統領は2016年末に予定していたアフガニスタン駐留米軍の完全撤退を断念する方針を発表した(2015年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 15日 ロイター] - オバマ米大統領は15日、2016年末に予定していたアフガニスタン駐留米軍の完全撤退を断念する方針を発表した。約1万人の駐留規模を継続し、2017年中に5500人に縮小する。

オバマ大統領は政策を転換する理由として、現地の状況を考えるとアフガン政府軍の治安能力はまだ十分ではないと説明。アフガン駐留軍の段階的縮小に向けた「小規模で意味のある」計画修正だと述べた。

大統領はこれまで、2017年1月の任期終了までに首都カブールの米大使館を拠点とする要員を除き、すべての部隊を撤退させる方針だった。新たな計画では、カブールのほか、首都北方のバグラム空軍基地、東部ジャララバード、南部カンダハルに部隊を置く。

アフガンでは、反政府武装勢力タリバンが北部クンドゥズを一時制圧するなど攻勢を強めており、オバマ大統領は駐留存続を求める軍当局や共和党などから圧力を受けていた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。