不届き痴漢を排除!NYで「キスカム」復活

観光名所タイムズスクエアの名物

 10月13日、レブロンは、ニューヨーク市の観光名所タイムズスクエアに展開していた「Kiss Cam(キスカム)」を復活させた。写真はキスカムの前に立つ人たち(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 化粧品大手レブロンは13日、米ニューヨーク市の観光名所タイムズスクエアに展開していた「Kiss Cam(キスカム)」を復活させた。カメラに向かってポーズしている女性への痴漢被害が相次いで報告されたことから、一時停止となっていた。

「キスカム」は、スポーツ試合の合間などに客席のカップルを撮影し、スクリーンに映してそのカップルにキスを促すというもの。

レブロンは昨年11月からマーケティングキャンペーンの一環としてタイムズスクエア近くにカメラを設置。道を行きかう人々を撮影し、巨大スクリーンにその様子を映し出していた。

ニューヨーク市警によると、カメラに向かって自分の写真を撮ることに夢中になっている女性に近づく痴漢が増えており、先月数人が逮捕された。レブロンは今後、夜間はスクリーンを点灯しないという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。