新型プリウスは「燃費40キロ」だけじゃない

海外普及に向け、トヨタは何を訴求したのか

日本でもお目見えとなった4代目、新型プリウス(撮影:尾形文繁)

米国での初披露から約1カ月、トヨタ自動車は12月に発売する新型「プリウス」を日本でも公開した。

注目された燃費性能は、一部グレードで1リットル当たり40キロメートルを達成。現行プリウスの32.6キロから2割以上向上させた。国内ではトヨタの小型ハイブリッド車(HV)「アクア」とスズキの軽自動車「アルト」の37キロを抜き、トップ(電気自動車とプラグインHVを除く)となる。

グローバルでの普及に向けて、エコ以外も訴求

「現行プリウスの無駄をいかに省くかに技術革新を費やしてきた」(HVシステム開発統括部の伏木俊介氏)。

この言葉通り、超低燃費は既存のHVシステムを大幅刷新するのではなく、基本構造は踏襲しつつ、細かいカイゼンを積み重ねて実現したものだ。具体的には、モーターやバッテリー、制御ユニットの軽量化や損失低減を徹底し、それにガソリンエンジンの効率化や空力性能の一段の向上などを図った。

プリウスは1997年に世界初の量産HVとして発売した初代から現行の3代目までに全世界で350万台以上を販売してきた、トヨタのエコカーの看板である。その名に恥じない40キロを達成した新型だが、今回の売りはエコだけではない。 

次ページアピールはエコだけではなかった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。