分裂するアメリカ 渡辺将人著

分裂するアメリカ 渡辺将人著

2010年から11年にかけて、米国で二つの草の根運動が起こった。保守派のティーパーティ運動と、ニューヨークから始まったリベラルなウォール街占拠デモは、主張の中身こそ違うが、「反ワシントン」、つまり政治に対する不信がその根源にあった。しかし彼らの怒りは必ずしも貧困への怒りではなく、政府の大きさや税の使用範囲をめぐる「公」やコミュニティの概念をめぐる理念のズレにあると著者は分析する。

保守派を分断する「小さな政府」、リベラル派を分かつ銃の所有や人工妊娠中絶問題など、経済的な格差や旧来の人種対立よりも「理念の対立」で分裂が深化する現代米国。気鋭の知米派若手学者が丹念な現地取材を基に論考する。

幻冬舎新書 882円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。