アメリカ就活事情--インディアナ大学(Indiana University)InCNTREの学生たち

10万人以上の学生数を誇り、総面積約15キロ平方メートルという広大な9つのキャンパスをインディアナ州内各地に持つインディアナ大学(Indiana University)。1820年に設立された歴史ある名門の州立大学で、大学院部門のランキングでは公共政策大学院が全米2位、社会学が11位と秀れた公立大学として知られている。

DNAの二重螺旋構造を発見したジェームズ・ワトソン教授、ノーベル物理学賞を受賞したリカルド・ジャコーニ教授、ノーベル経済学賞のエリノア・オストロム教授といった優れた教授陣を輩出してきた。

今回は同大のネットワーク研究機関インディアナ・センター・フォー・ネットワーク・トラスレーショナル・リサーチ・アンド・エジュケーション(InCNTRE)のディレクター、マシュー・デヴィ氏に同機関に属する学生の就職事情を聞いた。

 

 


--InCNTREことインディアナ・センター・フォー・ネットワーク・トランスレーショナル・リサーチ・アンド・エジュケーションとは、どんな機関でしょうか?広大なキャンパスにあるコンピュータ、携帯、タブレット等をインターネット、WiFiなどでつなぐのはとてもたいへんそうですが。

キャンパスには10万以上のデータのコネクションがあります。教授陣、学生、ITスタッフそして通信事業者やベンダーと協力のもと、ネットワークの技術革新、研究、開発を行い、その知識を学生たちに教えます。大学内だけでなく、パデュー大学、スタンフォード大学など他大学ともネットワークの共同研究を行っています。

ソフトウエアで定義するネットワーク(SDN)、つまり既存のプロトコルの制限に関係なく、自由にネットワーク設計ができるオープンフロー(OpenFlow)などでキャンパスのネットワークを構築したり、インターネットの次を目指す新世代ネットワーク、GENIなどを研究中です。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。