新アイパッドは「2S」 独走へ手打つアップル

新アイパッドは「2S」 独走へ手打つアップル

3月7日、アップルは同社の急成長を支える2枚看板(アイフォーン、アイパッド)のうちの一つ、アイパッド2の後継機種を発表した。3月16日に日本を含む主要国で同時発売する。

新アイパッドのサイズや外観は「2」とほぼ同じ。パワーアップしたのは、あくまで中身だ。液晶画面には「網膜ディスプレー」を採用。従来機種より画素数が4倍になったため、文字や写真を拡大して表示すると、まるでグラビア印刷のように鮮やかだ。

高精細になればアプリの容量は巨大化し、より高い計算処理能力を求められる。そこで、従来のプロセッサ「A5」を改良し、四つの処理エンジンを持つ「A5X」に切り替えた。通信は高速のLTEにも対応。サイズの大きいアプリもスムーズにダウンロードできるようにしている。

カメラも進化。写真や動画を編集するソフトウエアもリリースされた。さらに音声認識ソフト「シリ」が組み込まれるなど、新機能は多い。

しかし、事前に想像できる範囲のもので、昨年10月のアイフォーン4から4Sへの進化とそっくりだ。そのため、「アイパッド2S」と呼ぶにふさわしいかもしれない。

いまだ圧倒的シェア

「新アイパッドにはサプライズがない」。アイフォーン4S発表時と同様、批判的な論評も広がりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。