外国人の「売り攻勢」に負けない日本株の底力

日本の人口は減ってもおカネは増え続ける

今週は大きなイベントはない。再び投資家が活気づくのは、9月9日につけた高値を抜けてからか。(写真:尾形文繁)

10月2日のNYダウ(ダウ工業株30種平均)は長い下ヒゲを出しての200ドル高だったが、この日アメリカ株の流れが変わった。

期待した業績相場をあきらめ、金融相場に逆戻りしたのだ。9月雇用統計非農業部門雇用者数は、驚きの14万2000人増と出た。最近のマーケットの反応が、景気指数に対して正(強い数字は買い材料)の反応か、負(強い数字は利上げ早まるで売り材料)の反応かはっきりしなかったが、この日の午後、負の反応へと明確に舵を切ったと思われる。その後、9月のFOMC議事要旨で利上げが遠のいたことが確認され、ダウは6連騰で800ドル高となっている。

今週から本格的に7~9月期決算が発表になる。見通しはあまり良くない。しかし、負の理屈においてはそれも、「更に利上げ遠のく」で株高要因になる。もちろん当該企業においては正の反応となろうが。

9月の外国人売り越し額は最高水準

10月8日に、日本市場における投資主体者別売買動向9月第5週分(9/28-10/2)が発表になった。外国人投資家は、現物・先物合計で6798億円の売り越しで、9月月間の売り越し額は、なんと3兆4014億円と、統計開始以来最高水準の一つとなった。これで、6月からの連続4か月間の売り越し額は、8兆2453億円になる。

よくぞこれだけ売ったものだと感心する。しかし、もっと感心するのは、よくぞ売れたものだ、ということだ。特に8月からの売り攻勢はすさまじく8週連続で7兆円近くも売り越した。

次ページ日本の個人金融資産は1500兆円に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。