原発事故から1年、全国、全世界で脱原発集会が開催

原発事故から1年、全国、全世界で脱原発集会が開催

東日本大震災、福島第一原発事故発生からちょうど1年。3月11日の前後には、全国で数多くの追悼集会や震災復興、脱原発に関するイベントが開催される。

「311脱原発~祈りと一歩~」と題したキャンペーンもその1つ。東京・日比谷公園噴水前特設ステージで開催される「ピース オン アース ステージ」や国会議事堂を人間の鎖で囲む「3・11 原発ゼロへ! 国会囲もうヒューマンチェーン」、「原発いらない!3・11福島県民大集合」など90近い集会やイベントなどが全国で計画されている。

このうち「ピース オン アース ステージ」には、音楽家の坂本龍一氏や映画監督の岩井俊二氏らが参加。福島県郡山市で開催される「原発いらない!3・11福島県民大集合」には、歌手の加藤登紀子氏らのコンサートのほか、作家の大江健三郎氏らの連帯あいさつも予定されている。
 
 同キャンペーンに関係した集会やイベントは北は北海道・札幌市から南は沖縄県・与那国島に至るまで全国各地で開催される。
 
 詳しい情報はhttp://nonukes.jp/参照。また、世界各地の脱原発に関する集会やイベントは「脱原発世界会議」のホームページ(http://npfree.jp/)から知ることができる。

写真:「311脱原発。~祈りと一歩~」の合同記者会見(3月8日)

(岡田広行 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。