米国の尻込み状態は憂うべきことなのか--イアン・ブルマ 米バード大学教授/ジャーナリスト

ベンガルの知識人、ニラード・C・チョードリはかつて、英国によるインド統治が終焉を迎えたのは「funk」(尻込み)つまり無気力が原因だった、と解釈した。英国人が大英帝国の正統性を信じなくなったからだ、というのだ。ラドヤード・キップリングの有名な言葉を借りれば、英国人は「平和のための厳しい戦争」を戦う意思を喪失した、ということだ。

チョードリの指摘は核心を突いている。必要に応じて軍事力を行使する意思なくして、帝国は維持できない。今の米国では、「米国は危険な尻込み状態に陥っている」との認識が広まっている。

たとえば、共和党のミット・ロムニーは、オバマ大統領は米国の国際的なパワーを詫び、米国が地球上で最も偉大な国家ではないことをあえてほのめかし、物の見方が悲観的である、と酷評している。それと対照的に、自身は米国の偉大さと国際的なパワーを回復させると約束し、そのためには軍事力の増強が必要だと主張している。

ロムニーにとってキップリングの役割を担うのが、ネオコン(新保守主義)の知識人、ロバート・ケーガンだ。彼は近著『The World America Made』の中で、「米国の衰退という神話」に異議を唱えている。ケーガンは中国の国力増大は認めつつも、米国の優位はいまだに圧倒的であり、米国の軍事力はいかなる挑戦者に対しても「間違いを正す」ことができると述べている。米国のパワーにとって差し迫った唯一の危険は衰退主義、つまり自信の喪失であり、「第2次世界大戦以降(米国人が)負担し続けてきた精神的・物質的な重荷から逃れたい」という思いであり、これは一言で言えば「尻込み」だということになる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。