政権交代とは何だったのか 山口二郎著

政権交代とは何だったのか 山口二郎著

同時代の政治を論評し続ける政治学者が、民主党による政権交代から現在の野田政権までを総括した。政権交代によって何が変わり、何が変わらなかったのか、そこから見えてきた新たな問題を詳細に検証している。

著者は、国民の手によって政権を入れ替えた結果起こった変化については、一定の評価をしている。しかし、自民党政治の終わりという目的を達した今、民主党がどんな政策理念の下にこの国を動かそうとしているのかがまったく見えないことに、国民の大きな不幸があるとも説く。

そのうえで、政治家に理念と現実主義を兼ね備えることを求め、東日本大震災以降の日本の政治を立て直す方策を提言する。

岩波新書 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。