ネットとリアルをつなぐGoogleの戦略・担当者に聞く[後編]《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》

「Google ローカルショッピング」はO2O(オンライン・ツー・オフライン)の本流になりうるのか。前回に引き続き、プロダクトマネージャーの鈴木宏輔氏を直撃した。

--ローカルショッピングがO2Oの代表例のように言われていることに対して、どう考えますか。

 いいことだと思う。お客さんがある商品を買いたくてネットで検索して、近くのお店で買えるという意味で、ローカルショッピングはO2Oの一例ではある。特に携帯電話やスマートフォンから利用してもらうと、外で夜遅くどこのお店が開いているかわからないときに、便利だと思う。

個人的にはローカルショッピングがO2Oの1つの例として認知されたのはうれしい。O2Oだけがミッションではないが、O2Oというトレンドで表されるのは構わない。

オフラインであれオンラインであれ、そこに情報があるならばつなげる。それがGoogleの考え方。

ただ、オンラインの情報よりオフラインの情報を集めるほうが労力は必要。お店から情報をもらわなければいけない。

ローカルショッピングだけではなく、コマース事業全体としてオフラインにフォーカスしている。ローカルショッピング以外でも、日本では始まっていないが、「Googleウォレット」という決済サービス(Google版おサイフケータイ)も1つの取り組みだ。リアルのお店に行って支払いをしたり、クーポンやポイントカードを利用したりできる。

われわれは、オンラインだけの閉じた世界から、オンラインで検索した後、実際のお店に行って支払うというオフラインの世界に徐々に入っていこうとしている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。