ネットとリアルをつなぐGoogleの戦略・担当者に聞く[前編]《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》

O2O(オンライン・ツー・オフライン)の代表的なサービスと、ネット上でいわれることも多い「Google ローカルショッピング」。

このネットのサービスを利用すれば、消費者は買いたい商品を扱っている近くのリアル店舗、販売価格、在庫を検索できる。

このサービスで提供したい価値は何なのか、「O2O」という新潮流をどうとらえているのか、グーグル株式会社プロダクトマネージャー・鈴木宏輔氏に聞いた。

--2010年10月にスタートした商品検索サービス「Googleショッピング」の検索対象は、EC、オンラインショップのみでした。11年9月に、その「Googleショッピング」の検索対象範囲を、リアル店舗にまで広げました。いわゆる「ローカルショッピング」の誕生です。リアル店舗で販売している商品の価格や在庫も検索できるローカルショッピングの真の狙いは。

ローカルショッピングの本来の目的は、お客さんが、今欲しい商品をどこで買えるか、どこに在庫があるかが検索でわかり、そこに行けば買えるというサービスを提供すること。

よく記事に取り上げられるような、オフラインとオンラインの価格の比較を意図しているのではない。お客さんが価格を比較した結果商品を買うのもいいだろう。しかし、それよりも、今まで検索できなかったことができるようになることで得られる価値のほうが大きい。
 
 近くの店で販売していることがわかり、わざわざオンラインで2~3日待たずにすぐそこに行って買えばよい、という導線をつくりたかった。

ローカルショッピングは、「どこで買うか」をメインにしたサービスだ。


関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
攻防!たばこ規制<br>迫る全面禁煙社会

厚生労働省が「受動喫煙防止対策」を強化。今年の通常国会での法案提出を目指す。飲食店などでは「分煙ルームもNG」となり、客離れが生じかねない。飲食、娯楽業はどう対応するのか。