エプソン

新たな顧客価値の提供を目指して
「究めて極める」

セイコーエプソン

1993年、現社長の碓井稔がリーダーとなって推進した全社プロジェクトが、革新的インクジェットプリンターを世に送り出した。「MJ-500」だ。現在も同社が誇る先進の独創の技術「マイクロピエゾプリントヘッド」を搭載した、エポックメイキング機種である。その後、ヒット商品を次々と生み出したエプソンが、パーソナルプリンター市場のメインプレーヤーとなったのは周知の通り。そして今、さらに技術を進化させたエプソンは、ビジネスプリンター市場も変革しようとしている。

ブランド制定から40年 さらなる価値の創造へ

今年6月、セイコーエプソンは1975年のエプソンブランド制定から40周年を迎えた。その技術の源泉は、ウォッチの開発・製造会社として創業以来培われてきた、省エネルギー、小型化、高精度を実現する「省・小・精の技術」である。

「エプソンというブランドは、ウォッチ専門だった当社が情報関連分野での飛躍を目指し、新たな価値を創り出そうという想いを込めて生まれたブランドです。40周年を迎えた今、私たちはさらに多くの人に、感動と喜びをお届けできる価値を創り出していきたいと想いを強くしています」そう碓井社長は語る。

セイコーエプソン株式会社
代表取締役社長
碓井 稔

碓井社長の就任は2008年。当時エプソンは、コンシューマー向けプリンターと携帯電話用のデバイス事業を会社の両輪としていたが、デバイス関連の収益低下に円高なども重なり業績は低迷していた。しかし、その後制定した長期ビジョン「SE15」と「中期経営計画」に基づく構造改革、事業基盤の再構築を行い、既存事業領域の転換と新規事業領域の開拓に取り組んだ。「デバイス事業の譲渡や一部事業の縮小など、長期ビジョンのシナリオに沿って取り組みを推進し、その仕込みの期間が09~11年度とあって、12年度からその成果が着実に表れてきたわけです」

13年度から業績は急回復し、14年度には事業利益、当期利益とも過去最高益を更新した。

次ページ独創のテクノロジーで四つの領域に挑む
お問い合わせ
セイコーエプソン
セイコーエプソン
長野県諏訪市大和三丁目3番5号
http://www.epson.jp
エプソンブランド
制定40周年特設ページ
エプソンブランド制定40周年特設ページ
http://www.epson.jp/company/anniversary/