肌が不調のときに化粧品を替えてはいけない

睡眠は最低6時間、積極的なケアはお休みを

化粧水、乳液、美容液、クリームとついつい使いすぎていませんか。肌が不安定なときは思い切ってシンプルなお手入れに戻ることが大切(写真:cba/PIXTA)

気温が大きく変動するこの季節。気温が毎日上がったり下がったりすることは、自律神経に変調をきたし、免疫を低下させたり、ホルモンバランスを乱したりします。その結果、肌荒れを起こす人もいるし、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹などの皮膚疾患を起こす人もいます。このような時期をきれいな肌で過ごすためにはどうきしたらよいのでしょう。

肌荒れに拍車をかける睡眠不足

まずは、体の中から健康でいること。これが肌にはいちばん大事です。早寝早起きを第一に心がけましょう。寝ている間に肌が再生するので、睡眠不足は肌荒れに拍車をかけてしまいます。午前0時には就寝することと、1日最低6時間の睡眠を確保することを覚えておいてください。

食事のバランスにも気を配ってください。食事に気をつけるというと「野菜を取る」ことばかり思い浮かべる人が多いですが、むやみに取ればよいというものではありません。特に最近では酵素やビタミンを摂取するためといって生野菜を好む人が多いですが、生のままでは体を冷やしますし、生で取れる野菜の種類は限られています。

色の濃い緑黄色野菜を、温野菜の形でたっぷりいただきましょう。1日100gが目標です。野菜だけでなく肌を生み出すタンパク質も大切なので、肉か魚も1日100gは取りましょう。

次ページ「普通に健康的な生活を送る」ことが肝心
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。