Cチャンの行く先は「世界的映像通信社」

動画サービス「C CHANNEL」の未来<2>

C CHANNEL取締役の三枝孝臣氏
ファッション動画サービス「C CHANNEL」のキーマンにその現在と未来を語ってもらうインタビュー。2回目は、日本テレビで『ZIP!』や『スッキリ!!』などの番組を立ち上げた敏腕プロデューサーとして知られる三枝孝臣氏に話を聞いた。

 <1>「森川亮は「世界的スター」の育成を目指す

森川氏とは日テレ同期でずっとつながっていた

──C CHANNELに参画した経緯は?

もともと森川とは日本テレビの仲のいい同期。互いに音楽好きという共通項で盛り上がって、入社当時の研修後によく飲みにいく間柄でした。森川が日本テレビを辞める前の1994年ごろ、マルチメディア系のプロジェクトで一緒になって、「インターネットが盛り上がっているよね」という話をしたのを覚えています。日本テレビでオフィシャルなメールアドレスを取得した最初の6人のなかの2人でもありました。

彼がソニーに移ってからも、新しいサービスがあるとそのたびに紹介してくれたし、紹介制SNSのグリーやミクシィに招待してくれたのも彼だった。私が演出したドラマの感想も、わざわざくれていた。会社は違っても緩やかにつながっていたわけです。

私がインターネット事業局に異動した時に、夏野剛さんを紹介してくれたこともありました。その後も、ネットの新しいテーマ出しや、アイデア段階で議論をしていましたが、「新しい事業をやるから、よかったら一緒にやらないか」と誘ってくれた。ものすごく悩みましたが、テレビ番組制作を25年やって、縁あってネットの世界も勉強したので、本気でやってみようかなと決断しました。やるからにはベンチャーに参画しようと。今年の4月末に決意して、6月末に26年勤めた日本テレビを退職しました。

森川氏とは日々アイデアを交換

──森川社長から求められているものは?

森川がリーダーで、私が動画づくりの実務の執行をする関係です。具体的な注文というよりは、経営者としてビジョンを提示して、「三枝、こういうビジョンはどう思う」と投げられた時に、「こっちがいいんじゃない?」というやり取りをしています。

ターゲットを絞ってから深度を掘り下げるなど、お互いにアイデアを出しながら取り組んでいますが、森川の経営者としての人脈、実力でいろいろな案件が来るので、大変ですよ。ファーストディールとして彼が持ってきた案件を、実務に落とす作業をやるのが私です。あとは森川にはやれない、自分が培ってきた制作畑の部分を見るのが、私の役割です。

次ページ社内体制は大きく2つ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。