マツダが起死回生へ、ギリギリの巨額増資

マツダが起死回生へ、ギリギリの巨額増資

マツダが巨額の資金調達に踏み切る。3月に公募増資で最大1628億円を調達。金融機関から700億円の劣後ローンも受ける。

財務改善は喫緊の課題だった。2011年4~12月決算は、1000億円を超える最終赤字に転落。自動車メーカーの中で唯一の赤字だ。通期でも4期連続の最終赤字となる見込みで、12月末の自己資本比率は2割を下回った。

赤字決算を受け、格付投資情報センター(R&I)は、マツダを格下げ方向で検討することを公表していた。格下げとなれば、調達環境は一層厳しくなる。そうなる前に、財務のテコ入れが必要だった。今回劣後ローン(返済順位の低い借入金。資本性が認められる一方、金利が高い)という“裏の手”を使ってでも、信用補完を急いだ。

なぜ、マツダは出遅れたのか。「急激な円高、これに尽きる」(同社役員)。業界で最も高い8割という輸出比率が影響している。

マツダは30年来、米フォードと提携関係にある。そのため主要な海外拠点はフォードとの合弁工場。一方でフォードは08年以降、マツダへの出資比率を下げ、現在は3・5%しかない。つまり資本上独り立ちは進んだが、そこに海外戦略がついていかなかった。昨年5月、メキシコ新工場計画を発表するなど、独自で海外進出を急いだが、急速な円高が直撃した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。