国家斉唱で起立しなかった教員への停職処分は妥当?--東洋経済1000人意識調査

国家斉唱で起立しなかった教員への停職処分は妥当?--東洋経済1000人意識調査

最高裁判所は、国家斉唱の際に起立しなかった教員への戒告を「懲戒権者の裁量の範囲」とした一方、停職や減給にした東京都の処分は重すぎるとの判決を下した。ただ、アンケートでは東京都の処分を妥当と考える人が4割に上った。

最高裁は、入学・卒業式で国歌斉唱する際に起立しなかった教員を停職や減給にした東京都教育委員会の懲戒処分を「重すぎる」との判決を下しました。
あなた自身は東京都教育委員会の懲戒処分についてどう思いますか。


(編集部 撮影:尾形文繁=週刊東洋経済2012年3月3日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。