ラグビー日本代表、3日にサモアと対戦

敗れれば準々決勝進出は絶望的に

 10月1日、ラグビーのW杯イングランド大会1次リーグB組、世界ランク12位の日本は同11位のサモアと3日に対戦する。1勝1敗同士のカードは、敗れたチームのグループリーグ突破が絶望的になる大一番となる。9月撮影(2015年 ロイター)

[ロンドン 1日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会の1次リーグB組で、世界ランク12位の日本は同11位のサモアと3日に対戦する。1勝1敗同士のカードは、敗れたチームのグループリーグ突破が絶望的になる大一番。

両チームは勝ち点4で並び、2位南アフリカに3差、首位スコットランドには6差をつけられている。日本は南アフリカ相手に大金星を挙げたが、スコットランドには完敗。サモアは米国を破ったものの、2戦目は汚名払拭に燃える南アフリカの餌食となった。

サモアのスティーブン・ベサム監督は「あとがない状態で、この試合にすべてを懸けるつもり」と意気込む。センターのジョージ・ピシも「決勝戦のつもりで戦う。日本を甘く見てはいけない」と語った。

日本は中3日で戦ったスコットランド戦とは異なり、今回は休養十分。プロップに畠山健介、ロックに大野均、小野晃征をスタンドオフに起用するなど、メンバーを変更する予定。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。