冠水がなくなる?驚異の水はけアスファルト

スポンジやザルのように水が吸収される!

ゲリラ豪雨や台風で冠水してしまう道路。ですが、特殊なアスファルトが状況を変えるかもしれません!

このところ水害が続いている。日本はもともと、地震や台風など自然災害が多いお国柄だが、それでも水害対策は万全ではない。

水害対策、都市部ではインフラ整備が重要

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

洪水を初めとする大災害への対策も進めなければならないが、都市部ではそこまで大きな災害ではないにせよ、ゲリラ豪雨などですぐに冠水してしまうような脆弱なインフラも多い。

最近は、雨水が表面に溜まりにくい排水性舗装が使われている道路も増えてきているが、その性能は限定的だ。

やはりある程度の降雨量を超えれば、道路の表面は水浸しになってしまうし、低地では冠水が起きてしまう。

ところが、衝撃的な吸水性を示すアスファルトの映像が話題になっている。その吸水性はもはやスポンジ、いやザルのようだ。なんと毎分4000リットルの水をぶちまけても、全く表面に水が溜まらないのだ。

次ページ驚異の水はけ力を動画で紹介!
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。