欧州の予測できない「3つのリスク」とは何か

ギリシャ危機よりも深刻になる可能性

ドイツで難民の大量受け入れに反対するデモ。欧州では難民問題を含め「3つのリスク」が深刻な欧州危機を招く可能性も(写真:AP/アフロ)

マーケットが最も混乱するケースはどんな時でしょうか。それは、危機が起きて、かつその内容が不透明な時に起こります。

どんなに大きな危機でも、ある程度それが予測できる範囲のことだったり、その規模が的確にわかるようなときには一時的に波乱が起きてもすぐ収まります。

もしFRBが利上げを決定したらどうなるのか

その意味ではアメリカが利上げする、しないという問題は、すでに昨年から今年、というタイミングもわかっていました。また上げる幅についても25BP(0.25%)とほぼわかっているので、FRB(米連邦準備制度理事会)がこれを決めたところで、マーケットがそれほど大きく混乱することは考えられません。

一方、2008年の経済危機の時は、まず証券化商品がものすごく割高になっていたので、われわれ一部のプロにとってはその予測(暴落すること)は難しくありませんでした。

せいぜい、BBとかBの格付けのものを集めた証券化商品がいくら分散させてAAAを取っているからといって、それが大量に流通しているのは危ないと考えていたのです。しかし大多数の投資家、メディアは商品の仕組みをまったく理解していなかったために、当初この問題が起きることも予測していませんでしたし、起きた後もその規模を恐ろしいほど過小評価していました。

次ページ大半の人々がサブプライムを甘く見ていた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。