東京電力・偽りの延命、なし崩しの救済《2》--原理主義者とリアリスト

東京電力・偽りの延命、なし崩しの救済《2》--原理主義者とリアリスト

1年前は、国有化は法的整理とセットであるという議論が主流だった。今回も、法的整理を求める声はある。

ある国会議員は、「原子力損害賠償支援機構法の附則には、株主やその他の利害関係者の負担のあり方について早期に検討することが盛り込まれている」と指摘したうえで、「その主旨は、段階的に法的処理を実施し、減資や債権放棄など利害関係者の責任を問うこともありうる、ということだ」と言う。

ただ、実際には、法的整理をするにはすでに手遅れのようだ。

別の議員は、「機構法が成立した時点で、法的整理の可能性は消えた」と話す。

「国が資金援助をしてから法的整理をしたら、すでに投入した分の税金が吹き飛ぶ。資金を入れた時点で法的整理はありえない。附則は、“法的整理主義者”を押さえ込むための方便にすぎない」

実際に機構法をめぐる与野党協議に当たった自民党議員は、「法的処理をするかどうかより、中長期的に東電の責任をどう問えるかというのが争点だった。東電を潰すような実験はできなかった」と振り返る。

会社更生法でも東電は困らない

もし今、実際に法的整理した場合、金融機関や株主など利害関係者による猛烈な反発が予想される。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。